全データ消失の意味

今朝の瞑想中に受け取ったメッセージ。

「How To を教えるのではない。
How Fun!を伝えるのだ。」

はて、その心は?

その後しばし考え、
次のモーニングルーティンに移ろうと
コーヒーを淹れメールをチェックしていると、

マンダラ講座の
最近はあまり開催していなかった
3回連続講座へのお申込みメールが。

わぁ!久しぶり!ありがたい!

と喜んだ次の瞬間、
「あ、配付テキストのデータないんだった💧」
と気づく私。

「テキストや資料がなきゃ講座できないし」
……と、次の瞬間、
お断りの連絡を入れる算段をしている私。

以前も投稿したけれど、
先月、ある日突然
MacBookのデータが全部失われるという
災難に見舞われたばかり。

講座のテキストや配付資料のデータも
全てそこに入っており、全失したのでした😭

講座をするには欠かせない自作テキストの
データがなければ、開催もままならない。

(作るのにどんだけ時間かかったか。。。)

そう信じて疑わなかった私に、
先ほどのメッセージが再び……

「How To を教えるのではない。
How Fun!を伝えるのだ。」

!!!!!

そーか、そーゆーことか!

テキストは要らないのだ。

テキストなしでやりなはれ!
そーゆー意味か!

はいはい!
テキストなしでいいなら、なんか気楽😆

気楽と言うと語弊があるなら……

「ライブ感を持って、そのときいちばん
ふさわしい形での講座ができそう!」

そんなふうに思ったワケです🤠

MacBookのデータを失くして
絶体絶命、何も進まない!
ということはなかったし、

なんなら、強制リセットかかった感じで
新しいスタート切れて、ワーイ🙌みたいな。

そんな爽快感さえうっすらとあったのですが、
今日はそれが明らかに「確信」となり、
私の肚へ落ちました。

というわけで、今日からは
テキストなしのマンダラ講座となります😆

きっとその方が100倍も200倍も
ライブ感をもって、
伝えるべきことを心から伝えられて、

受講者の方々にも「How To」ではなく
「How Fun!」を心から感じていただける、
そんな時間になるのだと思います。

まぁ、後日「やっぱり作り直します」ってことに
ならないとも限らないけれど、、、

まずは「ナシ」でやってみて、
私自身の感触や、受講者さんの反応などを
肌で感じてから考えることにします。

アクシデントに思えることにも
なんてツイてないんだと落胆する出来事にも
全て意味があるのですね☝️

神様はスゴイなー。

*********

マンダラ講座の詳細ご確認とお申し込みは
習い事のマッチングサイト
ストリートアカデミー」の私の教室ページでどうぞ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする