プチッと秋花マンダラ

先日、朝のランニング中に財布を拾いました。

ウチからだいぶ離れた場所だったので
土地勘がほとんどなく、、、
近くに交番があるかキョロキョロしながら
走り続けたのですが、、、なくて。

結局、ウチの方まで戻ってきて
いちばん近くの交番に。

息子がバイトに出かける時間が近づいていたので
「交番寄ってから戻るから鍵しめて出てね」
と電話した、その瞬間、
ススーッと入っていったご婦人が。

ガーン。タッチの差。

朝早いから、駐在は一人だけ。
待たなきゃだわー。

ご婦人、すぐに終わるのかと思いきや、
なにやら、込み入った話のようで、
待てど暮らせど、、、

結局、40分待って、やっと私の番。

やれやれあせる
すっかり汗も冷えてしまいましたよ。

そして、これまた交番のおじちゃんが、
(すまないが、敢えておじちゃんと呼ばせていただく!)
あり得ないのんびりペース汗

財布の中の現金を確認する際、
お札の「上下」を揃えながら

「1万円札が、1枚、2枚、3枚、、、
 千円札が、1枚、2枚、3枚、、、」

と大きな声で、やるわけです。

(もっと言うなら、チンタラ、、、やるわけです爆)

えっと、、、今こそすべての日本国民に問うよ!

この場面で「上下揃える」っての、
要る? 
要らないよねぇ?

福沢諭吉先生の向き、揃える必要ある?

そりゃ、揃えた方が美しい場面も
長いこと生きてればあるかもしれないし、
個人的に諭吉先生を崇拝してるのかもだけど
(違うと思うw)

少なくとも、今この場面では、、、
必要ないよねぇ?

とにかく、数を正しく数えればいいよねぇ?
違うぅ?????

そして、ダメ押し。

「はい、大丈夫ですか?
 合ってますか?
 確かに、空っぽですか。この財布?
 確かめてください。

 (マジシャンかよ!)

 こうしないとね、
 警察官が盗ったとか、言われちゃうからね」

はぁ。。。

・・・ここでもう私、我慢ならず、、、

プチッと ミニ バ・ク・ハ・ツ爆弾爆弾爆弾

言いたいことはとりあえず言って、
描くべき書類は書いて、帰ってきました。

もーねー、なんだったの、
アタシの40分、返して。

そんなコトを、友達に話したら、

「なにそれ。財布置いて
さっさと出てくればよかったじゃん」

あ。そ。

はぁ。。。そっか、そーだよね。

何ヶ月か前にも、
同じく財布を拾って届けた際、
いろいろ訊かれたし、書類書かされたし、
いろんな意味で丁寧な警察官で
時間かかったから、、、

なんか今回もそうしなきゃ、と思い込んでて。

確かに、権利主張するわけでもないんだから、
置いて出てきたらよかったよねぇ。。。

「マジメで損するタイプだね」
友達談。

はい、その通り笑

でもね、順番待ちwしてるとき、
道ゆく車を眺めてたら、

「111」「888」
ゾロ目をそれぞれ3回も見たし、
きれいな鶏頭と千日紅の色にも癒されたし、

プチッとキレながらも
プチッと秋を満喫できました。

今日は、そんなプチッと秋花色マンダラ笑い泣き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする