「とりあえず」のチリツモ

フィルム式の時代は一枚一枚慎重に撮っていた写真も、
デジタルなら気軽に何十枚でも何百枚でも撮れるし
あっという間に削除もできて
それはそれですごーく便利だし
もはやそれが当たり前になっているけれど、

ややもすると
「とりあえず撮っておこう(要らなければ捨てればいいし)」
みたいな安易な気持ちで
カメラを向けてることも少なくありません💧

そしてそれって、写真だけにとどまらず、
私自身の思考やものごとの取捨選択にも及んでいる
と気づかされることがあって、時々ハッとします。

今朝のウォーキング途中で撮った新緑と空の写真。

1枚目は、
何も考えずに立ち止まった場所から一歩も動かず
「そこにあった景色」を反射的に「とりあえず」撮ったもの。

2枚目は、
そんな自分にハッとして「いかん!」と思いw
そこから移動して、自分でしっくりくるまで
画面を確認しながら撮ったもの。

2枚目の方がダンゼン愛着がわきます😍

毎日の暮らし、
ひいては私たちの人生は選択と決断の連続。

なんでも毎回じっくり立ち止まってゆっくり考えて…
は無理だから、瞬時に「コレ❣️」と
自分にとってのベストチョイスを
できる自分でいたいなぁと思います。

「とりあえず」のチリツモは、
思考力判断力を鈍らせ、
魂の声を聞こえづらくし、
人をどんどんその人の本質から遠ざけていきますね。

もしかしたら内臓脂肪やぜい肉のチリツモよりも
コワイかもしれません😓

帰宅後は今シーズン初のアイスコーヒー。
ウォーキングで汗をかいた後にサイコーでした😻

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする