ありがとうを先に言うとごめんなさいが素直に言える、の法則(長っw)

「有り難い」を実感できると、例えば何かちょっとしたことで立腹した自分がモーレツに恥ずかしくなり「ごめんなさい」が自然に出てくるんだなって。

この3年間、時に自暴自棄になりながらも、自分と闘いながらも、「学校に行かない」を貫き、ゲームという世界で大いに成長したムスコ。

不登校になり始めの頃は私も親のエゴ丸出し、ただただ「学校に行って欲しい」思いばかりで彼に接していたけれど、それは全くもってムスコに寄り添っていないし、何も生まないということに気づいてからは、

「学校に行かない」という勇気ある選択をした彼に尊敬の念が湧き、何より生きていてくれるだけで本当に「有り難い💚」と心から思うようになりました。

そしてそれからは「ありがとう」を意識的に言うようにしました。

もちろん、いちいち「生きていてくれてありがとう」とは言わないけどw 何か少しでもそれまでより前進したのを感じたときや、ふと彼のやさしさに触れたときに。

そうすると、次に彼が何か尖った主張してきたり、私が自分で「あら、ちょっとマズったか💦」と思ったことについて、自分でも驚くぐらい素直に「ごめんね」が言えるようにもなったのですね。

「ありがとう」「ごめんなさい」はホ・オポノポノの2フレーズでもあるけど、やっぱりこの2つはこの世で最強のパワーワード‼️と我は思ふ😊

……この法則発見wの影の立役者は、じつは我が家のワンコ🦮 ワンコの存在には日々本当に癒されているので、毎日「ありがとう💚」を声に出して伝えています。

一方、うっかりワンコの足を踏んでしまったとき😅やトイレシートの交換を忘れてしまったとき、長時間留守にしたときなどは心から「ごめんね」と。

人間相手だと照れ臭かったり、強情になってしまってなかなか言えないことも多いけど、ワンコになら素直に言えるんですよね。純粋な相手には自分も純粋になれることの最たるものですね。

ワンコがいつも私の練習に付き合ってくれるのでwムスコにもサラッと言えるようになりました。

結婚時代にも、パートナーに向かってもっと素直にこの2つを言えていたら…もしかしたら、今とは違った生活をしていたかもしれませんけれどね😓

まぁ、たられば話をしても仕方ないので、前を向いて、「ありがとう💚」と「ごめんなさい」をいつでも素直に言える自分であろうと思います。

……今日こそやるよ!確定申告💦

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする