2年ぶりに握る鉛筆

先日「勉強をやってみたい」と言ったムスコ

何からやってみたいのか訊いたら
英語と漢字だというので、、、

小6の漢字からやってみよっか、
ということになり
ネット上のワークシートを
プリントアウトしてみる。

「もう2年くらい鉛筆持ってないからさぁ、
 そこからだよね〜」

と、なんかいい漢字に、
いや、いい感じに脱力してる爆  笑

英語は、
教科書から入ると確実に挫折しそうなのであせる
学習アプリでやろう、ということになった。

いろいろある中から、1つダウンロード。

今日から、さっそく始めたらしい。
(1日10分だそうだけどw まずはそこから!?

きっと、すぐに慣れていくんだろうな。

ゆっくりでいいから
愉しんでやれたらいいよね音譜

*  *  *

夕飯後、漢字プリント(小6)をやった。

「あー、惜しい!」

「そこ、棒2本じゃなくて、3本!」

「それ、逆!」

などなど、

2年のブランクを十分に感じさせながらも、
でもまぁ、大枠は覚えてる感じなのと、

ところどころ忘れてる自分を
「あれ?」と可笑しそうにしている様子が
とても子どもっぽいことに、
なんだかちょっと、ホッとした口笛

2年ぶりに握る鉛筆(シャープペンだけどw)
として、彼が選んだのはこれ。

彼には、0歳の頃から
「寝食を共にする」と言ってもいいくらい
毎日密接な関係で育ってきた保育園仲間がいて、
親同士も今だに仲良くしているのだけど、

今から2年半前
彼らが小学校を卒業するとき、
記念の品として
一人ひとりの名前入りで
親たちから贈ったシャープペンだ。

「へぇ〜、それ選んだんだ」
と思わず声をかけると
「うん」
とちょっと照れ臭そうな表情。

2年ぶりに「書く」のに、
彼がこのシャープペンを選んだこと。
そこにはとっても大きな意味があるし、
希望がいっぱい詰まってる。

漢字をさらったこと以上に
このシャープペンを選んだことが、
母としてはモーレツに嬉しいのでしたドキドキ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする