ワンコは何でも知っている

今朝の散歩途中、

たまに会う近所のトイプー、マロ君のパパさんが
自販機に向かう後ろ姿が。
 
いつも一緒のマロ君が今日はいない。
 
朝早いし、
たまに具合が良くないこともあると聞いてたから
今日はパパさんだけなのかなぁと

特に気にも留めず
そのまま自販機とは反対方向へ曲がろうとした時、

ピック(ウチのワンコ)が吠える。
やたらと吠える。
パパさんに向かって吠える。
 

パパさん振り向く。
 
挨拶を交わす。

 
そして、私が訊く前にパパさんから、
マロ君は少し前に亡くなったと聞かされた。
 
前日まで元気だったのに
急に容態が変化してあっという間だったと。
 

そうなんだ。
びっくりだ。

残念。

ピックとも私とも
とても仲良くしてくれたマロ君。

ピックはビビリでデリケートなところがあって
仲良くできるワンコが限られてしまうのだけど、

マロ君とは波長が合うようで
毎回会うたびにお互いいい距離感で
コミュニケーションしていた。
 

数少ない貴重なお友達がいなくなってしまって
悲しいなぁ。

それにしても

さっきあの時、あの場所で
ピックが吠えなければ、

パパさんが振り向くこともなく、
マロ君のことを知ることもなかった。

ピックは知っていたんだね。

だから、今朝はいつにも増して頑固に
反対方向のあの道を選んで、
パパさんを見つけて、
私に教えてくれたんだね。
 

ワンコは何でも知っている。
すごいなぁ。
ありがとね。

マロ君、どうぞ安らかに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする