「信頼」のレベル

きのう私があんなコトを書いたのが伝わったのか
(彼は宇宙人だから、わかるんだよねきっと😅)
夜、突然、荒れまして。

事の始まりは、彼のこのひと言。

「あのさ、もう、
風呂入って頭洗うのとかめんどいから
坊主にしたい、、、」

え? 今なんて?

そして、なんとなーく様子がヘンなので、
いくつか質問タイム。

そしたら、出てきた、出てきた。

「もうやだ」
「ぜんぶめんどくさい」
「消えていなくなりたい」

ああ、、、来た。
たまに来るんです、イヤイヤ3点セット😓


夕方オンライン参加した
バンタンの説明会でとったノートの
中身を整理して、
何回かに分けて伝えようかな、、、

と思っていた矢先の出来事で、
母ちゃん、完ぺきに出鼻を挫かれるの巻😅


イヤイヤ3点セットが来たときは
たいてい、彼の自己肯定感が
どん底まで落ち込んでいるので、

それ以上ぺしゃんこにしてしまわないよう
気をつけながら
今回もソローリソロリと訊いてみた。

「何かイヤなことあった?」

「ただ単に眠かったり体調悪かったりして
 機嫌悪いだけ?」

そしたら、彼は彼なりに、

「進路」「受験」「卒業」、、、

そんなワードを意識し、

自分に関して言えば
先行きが見えないことの不安に
押しつぶされそうになっていたようで。

さらには、

「こんな自分じゃ、将来できることもないし、
どうやって生きていけばいいかわからないよ」

とまで。

泣きそうになりながら。。。


ああ。追い詰められていたんだね。

さりげなく、プレッシャーにならないように、と
気をつけながら進めてたつもりだった
母の<ムスコの進路検討プロジェクト>は、
早くも彼にダメージを与えていたのかも。。。

そうだとしたら、、、

ガーーーン。
ごめんよー💦


この際だからと思い
いろいろ吐き出させるだけ吐き出させて、
その後は、

・君にはすばらしい才能があること

・もっと自分に自信を持ってよいこと

・どうやったらその才能を生かしていくことができるのか、
 今はまだ分からないかもしれないけど、
 やり続けていれば必ず、それを見つけてくれる人、
 やらせてくれる環境が現れること

・半年後、中学を卒業したあと、必ずしも4月からすぐに
 高校に行ったり、働いたりしなくてはいけない
 ということではないということ

・もう少し今のように家にいてゆっくり過ごしたいなら
 そうしてもよいということ

・母は君のことを頼もしく思っているし、
 将来について何ら心配はしていないということ

などを伝えた。


そしたら、少し安心したんだろうか、
そのまま寝てしまい、
何時間か後に起きたときには
ほぼいつもの彼に戻っており。。。

やれやれ。。。💦

母、安堵。


見てないようで、全部見てる。
聞いてないようで、全部聞いてる。

自分からはほとんど言わないし、
普段は何も考えてないみたいに見えるけど、
考えてること、悩んでることはゴマンとある。

それが子どもなんだな、と改めて。

生意気な口ばかりきくし
体はもう大人だけど、
心はステイウィズミー硝子の少年時代♪なんだよね。

(「硝子の少年時代」はKinKi Kidsでなく達郎本人Ver.が好き🤣)


達郎の話、じゃなくて、進路の話は、
またちょっと様子を見ながらで、、、


最終的には
ムスコ本人が考え、動き、決めることなんだよね。

最愛のムスコのこと、
必ずベストな選択をするに決まっている!

そう信じることが、
彼へのいちばんのサポートなんだよね。


理屈はわかるけど、実際はなかなか難しい。
すぐにお節介モードに突入してしまう。

母ちゃんの<ムスコ信頼レベル>まだまだ低いね💦

信頼してる、って自分では思ってるし言ってるけど、
実際は半分も信頼できていないのかもしれない。
 
「信頼」のレベル、、、深いな。


*  *  *


そしてね、
こうしてムスコのことを書くと、

実にいろいろな人から
コメントや直接のメッセージなどいただくことが多く、
とてもありがたいし、勇気づけられるし、

何より

「ああ、ムスコもムスコだけど、
私も私で、このまま在ればよいのだね」

という確信を得られるのがうれしい。

みなさん、ありがとう。


子育てと言いながら、
結局は自分が育てられてるよね。

ムスコにも感謝です。
ありがとう。

神社の男銀杏。
キミもこんなふうにデッカくなるのだよー!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする