どっしりと地に足のついた人の施術 〜徹さんのオイル・タッチ・セラピー〜

今日は午前中仕事して、
午後は自分のためのヒーリング&チューニングタイム♪

オイル・タッチ・セラピーを受けに「あさごや」さんに伺いました。

セラピストの徹さんは、15年来の家族ぐるみのお友達。
ムスコ同士が同じ保育園で、0歳からのご縁です。
彼らの誕生日がちょうど1週間違いというのも、
なんだかさらにご縁を感じている部分(勝手にw)。
 
多才で、いろいろなキャリアをお持ちの徹さん、
以前から目指していらしたセラピスト業を
このたび満を持してスタートされたとのこと。
ご自宅の一角をサロンになさったとのことで、
とても愉しみに伺いました。

もともと素敵な、古民家風のお家なんですけどね、
2階建ての1階部分の一角が施術室になっており
隠れ家サロン的な雰囲気が漂います。

施術室に入る手前のカウンセリングスペースには
大きなハンモックもあって、
なんだかリゾートホテルに来たみたい!

「終わったら乗りたいな♪」子どもみたいに心がはしゃぐ私でしたw

さて、セラピーの内容ですが、まさに文字どおり、
「オイル」を用いた「タッチ」。

「受けるのが趣味」とおっしゃる徹さんご自身が
国内外の各地のマッサージやセラピーを数えきれないほど受けた結果、
最高に惚れ込んだという「エサレンマッサージ」をベースに
徹さんならではの「揺らす」「触れる」「圧をかける」「流す」
といった手技が組み合わされた構成は、
私も初めて体験・体感する
「ちょっと不思議、でもとてつもなく快感」なものでした。

なかでも特徴的なのは「揺らす」と「触れる」かなー。
本当に心地いい!
自分ではあの揺れはつくれないし、じんわりと触れられるのも
「ケアされてる」「手当て(まさに文字通り!)されてる」感覚を
得られてとてもリラックスするし、癒されます。

最後、両足裏にじんわりとタッチしてくださったのですが、
それが私にとっては最高に気持ちよかった!

それまでの施術で
全身のあちらこちらに少しずつ溜まっていたオリや
要らないものがだいぶ流された結果、スッキリと通りがよくなって、
最後その足裏タッチで、私に必要なピュアで新鮮なエネルギーが
ザザーン、ぐわーんと全身を流れていった感じだったんです。

ぐいぐい押したり、無理に引っ張ったりしなくても、
「手当て」で、チューニングは可能なんですね。
もちろん、施術してくださっている徹さんは
とても消耗なさったと思いますが、、、。

とにかく全身が弛み、心も緩みました。
徹さん、ありがとうございました!

徹さんの施術全体を通じて感じたのは、
これは、どっしりと地に足のついた人の施術だなぁということ。

徹さんのもともと持っていらっしゃる安定感、包容力のようなものが
とても大きなエネルギーとなり、強く働いていて、
クライアントをゆったりと包み込み、安心な気持ちにさせます。

それって、何より大事なことではないかな。
私もセラピストのはしくれとして(汗)改めて感じた次第、、、。

さあ、明日からまた新たな気持ちでがんばれそうです♪

徹さんのオイル・タッチ・セラピーについては
「あさごや」さんのFacebookページに詳細がありますので、
気になる方はチェックしてくださいね!

夏のお疲れを癒しに、秋に向けたチューニングに、
徹さんのオイル・タッチ・セラピー、おすすめです!

*  *  *

そうそう、
先日迎えた8月4日の誕生日から10日経った今日、、、
ふと思い立って
毎月4日、14 日、24日を「4の日」にすることにしたんですw

近くのお寺は
毎月「3のつく日=3日、13日、23日」がご縁日で
月例行事が行われていますが、

私は自分の「4の日」を
完全OFFデーにしたり、花を買ったり、はたまた、
この日だけは好きなものをたらふく食べてよい!としたり、
(いま減量中で食事も多少コントロールしているので…)
 
自分をいたわる、自分をねぎらう、自分の機嫌をとる、、、
そんな日にしようと思います!

ちょうど「4の日」にオイル・タッチ・セラピー
自分のためのヒーリング&チューニングの時間を持てて、
しあわせでした!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする