眠ってる。信じてる。

弱って詰まっちゃった、うちの中1のヒト。
翌日は体調を崩しました。

まぁ、これも想定内。
メンタルやられれば、次は身体。自然な流れ。

朝起きたときちょっと具合悪そうだったし、
そのプチ・アピールも垣間見えたから、

「ああ、休みたいんでしょ?」と
私の中のイジワルな父性が顔を出して、
「とにかくいったん行きなさい。具合悪ければ早退していいから」
と追い出してしまった。

結果、授業には1時間出ただけで、38度の熱とともに早退。

朝、検温せよとなぜ言わなかったのか、残酷な私。
これも異常な父性のなせるワザかとゾッとし、母性でちょっと後悔。

帰宅後、パイナップルとヨーグルトをしこたま食べ、
その後、スースーとよく眠ってました。

今朝もまだ眠ってます。

君の中ではいったい、昨日までの何が葬られ、
今日からの何が新しく生まれているのか。。。

瞬間瞬間、再生・成長し続けている、若き細胞のかたまり。

それを思うのは、やっぱり母なる私。
今、そこにいてくれるだけで、何もいらない。
素直にそう思える自分。

父性やら母性やらをたまに考えるのは意味あることだとは思う。
ひとり親だとそのへんたまに迷ってしまって、悩んだりもする。

でも、もともと私、そんな理論派でもなんでもないし、
そもそも、そんなものをうまく使い分けるほどの器用さもない。

たまにアタマばかりで考えてしまうけれど、
そんなの、息子にとってはきっと迷惑でしかないだろう。

動物としては私の「子」でも、彼は彼。
一つの立派な確固たる人格を持った、一人のヒト。

自分の人生は自分でちゃんと切り拓いていく。

そう信じることしか、そして
そう信じながら、ちょっと離れて見守るしか、
やっぱり親にはできないんだと、改めて思う。

わかっているつもりで、たまにわからなくなってしまう、
見失ってしまう軸。

スクリーンショット 2018-04-25 6.32.10

さっきFacebookを見ていたら、5年前の今日、
彼はサンタにこんな手紙を書いてた。

8ヵ月も先のクリスマスに欲しいものをさんざん列挙して、
最後に「さんたさんをしんじてるよ。」だってw

あーあー、7時を過ぎても、なんら起きる気配のないキミだけど、、、

きっともうすぐ起きるよね。
学校にもきっと行けるよね。
行けなくてもなんとかなるよね。
自分でなんとかするよね。

自分の人生だもんね。

母は、きみをしんじてるよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする