つんつん係

「すごいね!」「頑張ってるね!」って
称賛・激励してくれる人はたくさんいても、
「まずいよ」「もうそんなに頑張るのやめなよ!」って
本気で叱って、諭してくれる人は、なかなかいない。
(そんなことない?)

でも、先日、そんなコトを私に言ってくれた人がいて。

穏やかで温か~いその人に、
脳天(百会)をつんつんしてもらって、他にも鍼を打ってもらって、
カラダは緩み、感情のツボのフタが外されちゃったんだろうなぁー。

その夜も翌朝も、涙がジュワーッと、地味に、でも、とめどなく、、、。

夜は、台所で洗い物をしながら、その音に隠れてビャーッと泣き、
朝は、息子の登校後、ワンコと一緒に床にゴロンと大の字になってみた途端、
ボロボロと、、、

いつも開いていると思っていたココロ、
とっくに開放していたつもりだった感情、
酸いも甘いもさんざん味わって、
もう出ることもないのだろうと思っていた涙、、、

それらが、
「ああ、わてら、やっと自由にさせてもらえたね~!」
と言わんばかりに、
今あらためて開き、外され、いやというほど流れ出て、
私の周りを静かにぐるりと取り囲んだのでした。

「え!? あんたら、今さらこうしてゾロゾロ出てくるワケ!?」
と、なんだか、ワケわかんないワタシw

でも、ゆっくり思い出しながら、ミョーに納得がいったのは、
鍼の施術中、
「湿った深い森をひとり静かに歩いて、池や川の水に足をじーっと浸したいって、
カラダは言ってるよ」とその人に通訳してもらったこと。

ハッとした!

まさにそんな願望がもう2年も3年もハッキリとありながら、
「そんなコト、また今度ね」と先送りにし、自分をだまし、
「今、目の前のこと」を一生懸命する「フリ」をして、結果として
「目の前のこと」も「先のこと」もないがしろにしていたんじゃないか、と。

そんな「ツケ」を、カラダはこうしてちゃーんと提示してくるんだな、と。

生まれて初めてかもなぁ、自分に「ごめんね」なーんて言ったの(*”ω”*)

人にはすぐ謝っちゃうのにねぇ。
後から考えたら別に謝らなくたってよかった場面でも、
「ごめんなさい」を言っちゃうのにねぇ。

自分の主義主張はいつも後回し。

「もういいかげん、やめようよね、そういうの」

なーんて、もう一人の私が、私に言った日、、、(”ω”)

ありがとう、みさこさん

あー、しかし、こういうのを「不意打ち」って言うのだろうなぁ。

鍼を打ってもらいに行ったのに、不意まで打たれた。。。アハハ!

あ、でも、鍼灸師さんは、
鍼を打ちながら、その人が気づいてないカラダやココロのアレやコレやを
不意打ちするのがお仕事なのかもね。

(違ったらごめんね、みさこさん!)

そして、入れる「スイッチ」は違えど、
「つんつん」して「どこかをオープン」する(結果として)役割
という意味では、
私がさせてもらってるイヤーコーニングも、全く一緒だな、って思いました。

赤い❝つんつん❞ 曼珠沙華

赤い❝つんつん❞
曼珠沙華

「どこか」をつんつんすることで、
本人が気づいていない「何か」に気づいてもらう、
本人が感じたことのない「何か」を感じてもらう、
本人が意識したことのない「何か」を意識してもらう、、、、、、

それが、

「癒し」になるのか、
「慰め」に値するのか、
「解放」につながるのか、

は分からないけれど、

「耳」を通じて、その奥の、また奥の潜在意識に働きかけて、
その人の「今」に寄り添い、
「今」必要な意識や感情を本人がしっかり認識すること
のお手伝いをさせていただく、、、

そんなミッションが、イヤーコーニングにはあるんじゃないかと、
ぽわーんと思った一日でした。

白い❝つんつん❞ ねこのひげ

白い❝つんつん❞
ねこのひげ

……ところでね、この、私の「涙」を媒介に受け取ったメッセージ、
それは、13年前に亡くなった大好きだった祖母からの、
思いもよらない、「13年越し」の思いだったんです。

(詳しくは、長くなるのでまた別の機会に)

一本の「鍼」から、13年前に死んだばあちゃんにまで広がった「つんつん」、
恐るべし「つんつん」、
でも、私はとってもうれしかった「つんつん」。

私も、いつか、どこかで、誰かの「つんつん係」を、
知らない間に、務めることができていたなら、幸せです💛

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする