イヤーコーニングとは?

施術風景01「イヤーコーニング」は、世界中の多くの文明で古くからとり入れられてきた民間療法。

コットンにミツロウを塗布して作られた細長い筒状の「コーン」の先を優しく耳に入れて火をともすことで、耳の内側と耳管から老廃物や毒素を取り除き、マインドと五感をクリアにするものです。古代では特別な地位の人だけが受けられる特別な療法で、シャーマンの間では「内なる耳を開く」とされ、心・身体・魂の浄化のために、大切な儀式の際に使われていたとも伝えられています。

「コーニング」とは「coning(cone+ing)」のことで、コットンと麻、ミツロウから作った細長い筒状のコーン(円錐)を耳管の入り口に優しく挿入した状態で火をともす、という流れで行います。コーンからは煙がらせん状に耳管へと入り、老廃物や毒素を吸い取って、真空状態になったコーンの中へ戻ってきます。

IMG_0843左右の耳それぞれに2本ずつ、計4本。それ以外に、おへその上でも1本します。おへそに置いたコーンからは腹部全体に温かさが伝わって心地よいのはもちろん、内臓の動きが促進されたのを実感される方も多いです。

また、耳もとでシュルシュル、ジリジリ……とコーンが燃える音によって深いリラックス状態に導かれ、いつの間にか眠ってしまわれる方がほとんどです。コーンが燃焼し終えた後も、しばらくはまどろみのお時間がありますので、ゆったりとリラクゼーションタイムをお過ごしください。

終了後は、身体の疲れが軽くなったり、意識がクリアになったり、人によっては視覚や聴覚が鮮明になったりと、その方その方、それぞれの変化を実感なさいます。

イヤーコーニング・ジャパンWEBサイトより一部引用)

こんな方にオススメです!

✅頭も心も休まる暇があまりない。
✅眠りが浅いと感じることが多い。
✅朝スッキリ起きられないことがよくある。
✅公私ともに気がかりなことが多い。
✅パソコンやスマホの使い過ぎで目が疲れていると感じる。
✅育児に手がかかり、自分だけのリラックスタイムをなかなか持てない。
✅気がつくと、身体がこわばっている。
✅ついネガティブなことばかり考えてしまう。
✅肩凝り・腰痛がつねにある。
✅最近イライラすること、怒りを感じることがあった。
✅非日常の体験をしてみたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする