「亭主元気で留守がいい」ですか?

私はわりとおじさま方に声をかけられる。

話しかけやすいんだろうか😝

7月からウォーキング(一部ランニング)を始めてから
その傾向が顕著に。

先日は橋の上で休んでいたら
バリバリランナーふうのスラッと背の高いおじさま。

天気の話くらいしかしなかったけど
外見どおりとても紳士的な方。

話終わると軽快に走り去って行かれた。

昨日は、道に迷ったおじさま。

スマホでナビしてあげたけど
曲がりくねった川沿いを
ちゃんと目的地まで行けたかな〜

そして今朝は、テニスラケットを持ったおじさま。

復路、私が少しゆっくり歩いていたら
いきなりランニングの話をしてきた。

体型から何となくアスリートふうだったので尋ねたら、
やはり若い頃は長距離ランナーで、
今は走ってなくてテニスの壁打ちを毎朝してるんだそう。

9時の開場までまだ30分以上もありますよね?
と言ったら、

「30分なんてフツーだよ
 かみさんが、早く出て行けって言うんだもん!
 もうさぁ居場所がないのよ〜
 アハハ〜!」

明るくおっしゃる。

「亭主元気で留守がいいって言いますもんね」

「そうそう」

そんなおじさま、
お家に帰ればきっと優しいお料理上手な奥様が
待っていて、おしどり夫婦に違いない。

(と、私の想像。たぶん当たってるよ!)

*  *  *

ウチは元夫が
心身ともに患っていた時期がとても長かったから
「元気で留守」とは真逆だった。
 

「亭主元気で留守がいい」
のフレーズを人が言うのを耳にするたび、

なんだかとても羨ましかったし
自分ちにその状態は無縁だとも思っていた。

そして、ひとつ屋根の下にいる時間が長引けば
煮詰まり、互いに不平不満が爆発し、
喧嘩になり、、、悪循環。

今思えば、いくらでも意識の切り替え方とか
気の持ちようとかあったよなぁと思うけど、

当時は必死だった。

彼も私も、必死だった。

未熟だった。

そして、その一部始終を見ていたムスコが
いちばんの被害者だっということも、
今はわかる。

本当に申し訳ないことをした。

そんな「オトナ」をどうやって信じろと言うのか、
分からなくて当然だ。
 

だから私は「信じられるオトナ」に
まず自分自身がなって、

ムスコが世の中のオトナ全員を
信じられるようになるよう導くのが

私のできるせめてもの償いだと思っている。

*  *  *

今年は「コロナ離婚」なんて言葉も生まれた。

一緒にいる時間が急に増えて息詰まり
いろいろと衝突が増えたと。

その渦中にいる人たちもまた
今は必死なんだろう。

でも、「元気で留守」なばかりが
夫の、妻の、理想の姿ではないことだけは
覚えておいたらいいと思う。

そして、「かまってほしいから病む」という
現実を無意識のうちに自ら創り出すこともまた
いかに不毛で、罪深いことかということも。

結婚と離婚から学んだ
良きことも悪きことも、

いま改めてムスコというフィルターを通して
学び直しているのだなぁと感じている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする