すんでの神様<その2>イチョウ印のサマーギフト

またしても、あやうく捨ててしまうところで…あせる
再び「すんでの神様」のお世話になりましたラブ

先日捨てそうになったもの&神降臨についてはコチラ

今回はコレをうっかり捨てそうに。

「東京都の新型コロナウィルス感染症緊急対策のお知らせです。(カタログ在中)」

あまりに地味で、
あまりに自己主張がなくて、
あまりに漠然としたコピーで、、、
(アタシならこうは書かないよw)

ワケがわからないのでw、1週間以上放置してました。

でも、やっぱり緑のイチョウのマークだし、
いちおう開けとこか!と思って開封したら、、、

新コロちゃんの予防の仕方とか、
はたまたうまい付き合い方とか、
もしかかっちゃったら、、、のハウツーとか、

そんなことがイラストとともに書いてあるのかなー
と思ったら、、、

違った。

カタログギフト(わかりやすく言えばね)でしたびっくり

なんでも、この中から好きなもの「4つ」選んでいいんだとかで。

お米、お蕎麦、缶詰、ジュース、調味料、、、
赤ちゃんのオムツや玩具なんかもあるよ!

わおービックリマーク

「現物支給」なのにはいろいろな事情があるのだとは思うけど、
でも、現金給付も先月いただいたし、
ありがたいことですね。

「弱者」って言葉は好きではないけれど、
ひとり親家庭としてやっていくからには
もう「はい、そうです、社会的弱者です。
どうぞ全力で守ってください」と

自分のポジションをわきまえて
とにかく素直になってw
受けられる支援はすべて受けて
享受できる幸せはすべて享受する!

それがキホンだと思っております口笛

さっそく全ページチェック!!

「あんたダレ?」みたいな感じで1週間も放置した冷酷なヤツ
と同一人物とは思えない、
前向き、いや、前のめりなワタシグラサン

なんとなく、決まりました。

で、「4つ」なので、
ムスコにも選択権を半分あげようと思い、選ばせましたよ。

・煮込みハンバーグ(鎌倉ハム)
・ビーフカレー(ベル食品)

がいいそうです。いずれもレトルト。

さすが肉食男子。

うんうん、いいね。
これなら母の留守中や小腹空いた夜中でも
一人で食べられるし。

たらみのフルーツゼリーと最後まで迷ってたのが
なんだかかわいかった笑い泣き

イチョウ印のサマーギフト、棄権もできるようだけど、

・煮込みハンバーグ
・ビーフカレー
・お米
・お蕎麦

でしっかりエントリーさせていただきますビックリマーク

、、、ところで、

「ひとり親家庭」っていう表現が
まったくしっくりこないのは、私だけでしょうか?

「母子家庭」「父子家庭」はいろいろ支障があるし
そもそも行政が別々に使い分けるのも煩雑だろうし、

「ひとり親家庭」一本化が妥当なのだろうとは思うけど、
「ひとり親」ってのが、なんだかよけいに「孤」な感じ、
頼りなーい感じを醸し出してる感じが否めなくて、

私は「母子家庭」っていう言い方のほうが
ずっと好きなんですよね。

世帯的には「ひとり親」であっても
子どもは、状況はさまざまであれど
もうひとりの親からの愛情や支援も
受けながら育つわけケースも多いわけで。

まぁ、解釈は人それぞれだと思うし、
母子でも父子でもひとり親でも何でもいいけど、

どんな家族構成、居住スタイルであっても、
社会から断絶されることなく、
引け目を感じることなく、
守られている感覚を少しでも感じながら
(少しじゃなくいっぱいかんじたいけどね!)、

美味しいもの食べて、
笑って、愉快に暮らしていけたらいいですよね。
親も子も、父も母も。

ま、その価値観も人それぞれだと思うけど。

正直、いろいろ苦労もなくはないし
受験生のムスコの1年後とか全く想像できないしw
たまにドヨ〜ンとしたりもするけどw

私は今の暮らしが愉しいし幸せです音譜

今朝の東京は曇りでいい感じ!

涼しい、まではいかないけれど
だいぶ過ごしやすそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする