誕生日「歳の数」チャレンジ♪

「そうしよう」とわざわざ思わなくても、意気込まなくても、
「そうしなはれ」「はい、どうぞ」と、
いつのまにかお膳立てされ、
あとは自分が「やる」だけになっている、、、

そんな事態がいくつも続くときって、ないですか?

私は、この半年ほどが、そんな感じでした。

「あ、そーなんだ」「ほいほい!」と、
あとはフットワークよくその流れに乗れる自分が
いさえすればいいのだと思うと、

とても気がラク(っていうとなんかヘンだけどw)だし、
これからもずっとそうあってほしいと願うばかりなのだけど、、、

でも、いちおう私も私でw 今回の誕生日を機に、
自分なりの今後の人生、いろいろ考えてみましたよ。

先日(8/4)、52回目の誕生日。マヤ暦では還暦だそうで、
いろんなリセット&チャレンジを試みるには
ちょうどよさそう!

と思ったのもあって、
せっかくなので!? 52個、書き出してみました!

だいたいそれぞれの項目を10個ずつくらいに見積もって
ランダムに書き出したのだけど、、、

「仕事」の欄がなかなか埋まらず、
最後まで空欄が多かったのは、
なんだか笑えた🤣(仕事キライなのかーい!?)


〜マヤ還暦KYOKO 52のチャレンジ〜

<自分・人生>

1   内なる感覚を信じる
2 自然体で生きる 
3  自分のニーズを優先す
4  先々を案じすぎな
5  体重と体脂肪を落とし筋力をつけ
6 食生活を見直す
7 その時々に合う方法で「表現」し続ける 
8   自らとの対話の時間を増やす
9   100歳の自分をイメージしながら生活す
10  今後の人生を共にできるパートナーを見つける

<社会・他者との関係>

11  心から親しめる場や人と関係する
12  気を使いすぎない
13  交友関係をつねにアップデートする
14  旧友・過去の恩人に連絡をとる
15  地域のことをもっと知る
16  コロナ禍ならではの人付き合いを愉しむ
17  行きたい場所へは積極的に行く
18  新しい発想・取り組みを応援し、参画する
19  多様性の更なる拡大を愉しめる自分になる
20  「私」の周りにいてくれる全ての人に感謝する

<家庭・家>

21  安心できる家をつくる
22  開かれた家(人の出入りを歓迎)にする
23  清潔な家を心がける 
24  人も犬もくつろげる家にする
25  家財道具をアップデートする
26  睡眠環境を見直す
27  少しでも緑や土を感じられる家にする
29  「食」のシーンを大切にする
30  モノを減らす

<育児・親子関係>

31  子どもの人格を尊重する
32  子どもの可能性を信頼する
33  感謝と謝罪をきちんと伝える
34  共同体の一員としての自覚を育む
35  ユーモア精神を持って接する 
36   1叱ったら3褒める
37   1日1回はともに食卓を囲む
38  子どもが大人に失望しない態度や言葉遣いを心がける
39  子どもが興味を持っていることを自分もやってみる
40  上から目線でものを言わない

<仕事>

41  自然体の自分でできることをする
42  イヤな仕事はしない
43  自分と相手がそれを通じて成長できる仕事だけをする
44  「ことばで伝える」仕事に積極的に携わる
45  自己流に陥らないよう常に視野を広く持つ 
46  パフォーマンスを最大化するための脳と体をつくる
47  直接関係のない分野の本を月1冊読む
48  有益な情報や便利な方法はどんどんシェアして循環させる
49  「紙に書くこと」「対面で話すこと」の良さを活用する
50  「この人に頼みたい」と言われる仕事をする

<その他 〜ふとした思いつき>

51  月1回、自分に花を贈る
52  「母の味」レシピをまとめる

、、、ここまで書いて、

「ん?なんかコレって、アレみたい?」
(って意味不明でしょw)って思って、、、

そうだ!わかった!

以前、お友達に勧められて読んだ、こちらです。

坂の上の坂 〜55歳までにやっておきたい55のこと』藤原和博著

義務教育では初の民間校長として当時話題になった、藤原和博氏のご本。

藤原氏が在籍なさっていたのは、
今うちの息子が通ってる(不登校だから通ってないけど😅)中学校。

時代は流れ、今はまた違った風が吹いてはいるけれど、
ところどころ、氏のDNAや功績が感じられる
取り組みも残っていたりして、
いらした当時はどんなだったのかなぁと、
思いを馳せることもしばしばです。

55項目、それぞれ含蓄があって、今また読むと気づきがある。

、、、というか、私の「52項目」は、
こりゃ「志」というよりは「TO DO リスト」だな😅

ま、それでもいっかw

来年は53個、その次は54個、、、と、
毎年書き替えたり増やしたりしていくのもおもしろそう。

皆さんも、
お誕生日に「歳の数」チャレンジ、いかがですか〜? 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする