【5/30イベント開催】こんなときだからこそ、書いてみよう!描いてみよう♪

今日は雨上がりのお空がとてもきれいでした!
ココロもカラダもちょっぴりのびのび♪

でも、今後のアレコレを考えると、
心からリラックスはできない…
そんな方も多いかもしれません。

5月最後の土曜午後。

<今>の私を客観的に見つめ、
<これから>の自分に、世界に思いを馳せる。

あたたかく、そしてクリアで爽やかな時間を
ご一緒しませんか?

これまでにも何度か“ゆるゆる”イベントを
ご一緒した内藤 徹さんとの共催です。

***************

以下、イベント詳細です。

1

「最近、気持ちの変化が、やけに大きくないですか?」
「身の回りのことから、これからの世の中での生き方まで、
最近いろんなことを考えていませんか?」

家族といる時間が長くなったり、通勤電車に乗らなくて済んだり、
良かったこともあるけれど、
生活のこと、仕事のこと、世の中のことと、
いろいろと思い煩うことも多い今日この頃。

一旦、頭と心の動きを一休みさせて、
ゆっくりと「今の私」を眺めてみませんか。

コトバとマンダラのワークで、じっくり没頭するときを過ごし、
そして一緒に話をすることで、
頭と心の中を整えるひと時を過ごしましょう。

**************

●日時

2020年5月30日(土)15時から17時過ぎまで
終了後、希望者で残ってトークタイム(18時まで)

●内容

〇コトバで自分を振り返るワーク
ここ最近、自分の頭と心の中での起きてきたことを、眺めてみます。

〇マンダラ・アートのワーク
マンダラを描くことで、自分の内面につながる時間を過ごします。
(特段の知識、経験等は不要です。
今回は短い時間でできる簡単なものを描きます。)

〇思いを話す
自分の外側と内側で起きていることについて、お互いに話を聞き合います。

●ナビゲーター
内藤徹(コトバワーク)& 山本響子(マンダラワーク)

◆内藤 徹(ないとう とおる)

「人とつながり、何かが変わる。」あさごや主宰
国際、教育、市民活動の分野で、多様な仲間が集まるコミュニティの立ち上げから、新しい動きを生み出す活動を行う。
国際協力の仕事を辞め、2020年3月まで1年半、エルサレムに在住。主夫をしながらトランジッションの時期を過ごす。
心と身体と社会のつながりへの関心から、タッチセラピーを始める。

◆山本 響子(やまもと きょうこ)

「五感をひらく、私をととのえる。」
Heal & Tune [ヒール・アンド・チューン] 主宰
・マンダラアート/神聖幾何学アート
・イヤーコーニング
(古代エジプトから伝わるフィジカル&メンタル&スピリチュアルのトータルチューニング)
を通じて、自分で自分を癒しととのえるメソッドを伝えている。

●特に必要なもの

自分に向き合い、人と話すオープンな気持ち。
色のあるペンか鉛筆(12色程度あると望ましい)

●料金

参加費は無料。終了後に、お気持ち次第で、1000円、2000円の投げ銭も歓迎します。

●参加定員

8人程度(定員に達し次第、締め切ります)

●申し込み方法

以下のフォームから申し込みください。
https://forms.gle/EvtiCwgLTjkJBapF8

※Facebookの「いいね!」ボタン、イベントページの「参加する」ボタンでは、申し込みとはなりませんので、留意ください。
参加検討中でご質問のある方も、上記フォームからどうぞお気軽にお問い合わせください。

●留意点

現在、強いストレスや不安等を抱えていて、専門家の助けを必要としている方や、病院に通院している方は、あらかじめご相談ください。

*****

※マンダラについて

サンスクリット語で「聖なる輪」「円環」のこと。「本質の器」と訳されることも。
スイスの精神分析医 C.G.ユングは、自身が極度のストレスを抱え苦しんだ時、「円」を描くことを偶然に始めたそうです。繰り返し描くことで次第に心を快復したユングは、のちに描いた円がチベット仏教のマンダラと似ていることに気づき、円、すなわちマンダラが、心の全体像を表すのではないかという考えに至ります。これが、後世、アートセラピーの一つとして、世界各地に広まっていきました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする