弱ってる。詰まってる。

始まったばかりの中学校生活。

枠組み。規律。閉塞感。

当然だけど小学校の頃とは全く勝手が違うそれは、自由奔放でマイペース、そして人一倍感受性の強い息子にはなかなか手強いようで。

(ついでに、年じゅう半袖半ズボン男子にはブレザー&ネクタイ&長ズボンがもう完全ムリみたいでw)

先週は2日間登校できなかった。まぁ想定内。むしろ2日で済んでよかったくらいだけど。

週末は友達と思い切り遊び回ってリフレッシュして、今日はまた登校できたのだけど、月曜なのにちょっとお疲れ気味なのは、週末の遊び疲れだけではどうやらなさそう。

さっき就寝前、珍しくマッサージしてほしいと言う。触ると全身が張っている。特に下半身。踏ん張ってるんだね。

軽く叩いて、ゆらゆらと揺すってやる。

「揉むとか叩くとかより、イヤーコーニングしたら少しラクになるよきっと」と勧めると、これまた珍しく、即答で「じゃ、やって」と言う。

A00C89BC-633F-4CBD-87C5-6B01FA71CDC5

1本目からスースー眠りに入り、4本燃やし、あと1本というところで目覚めたらしく、自分から、もう終わりにすると言ってベッドを降り、布団に戻って行った。すぐに続けて眠ったようだ。

そういえば今日は、鼻が詰まってると言って、珍しく鼻うがいも私の勧めに従ってやったんだった。

珍しく素直。

珍しく従順。

弱ってる証拠だね。

鼻も、血流も、詰まってる。滞ってる。

たぶん思考も。

学校は詰まらないのに、自分は詰まっちゃったね。

でも大丈夫。

ゆるめて、燃やして、流してやれば、学校はそれなりにやりやすく、カラダもアタマも詰まらなくなる、ラクになるよ、きっと。

ついでに母もへそコーニング。

この数分でとても穏やかになれる。

家族にも自分にも、コレがあるから大丈夫、そんなツールがいくつかあるといいよね。

イヤーコーニングはその最たるものだと私は思っているけれど、思春期入り口の息子も、もしかしてそれを肌で感じ取ってくれたのかな。だったらちょっとうれしいな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする